値下がり

ニュース項目をざっと見るならネットのほうが早いかなと時々、見出しを読んでおくだけでも結論だけは理解できるので。
朝晩の通勤時間、ゆとりという程ではないけれどほんの僅かな待ち時間持て余すこともありますから。
More »

誕生日前の決意

誕生日ってワクワクしますよね。
しかし、今年の誕生日はあまりドキドキではありませんでした。
なぜならいま私は定職についていないからです。
そんな中の28歳という、三十路を前にした岐路に立っているからなのでしょうか、全くと言っていいほどテンションが上がりません。
本当に気持ちばかり焦ってしまっているように思います。
でも当日には、彼女から早速のおめでとうメールや、朝から沢山の人におめでとうメールをいただけたので、それが本当にうれしかったです。
自分が生まれてきたこと、こうやってたくさんの人に祝福されると、また頑張ろうって気持ちを新たにさせてくれる瞬間でもあります。
基本的に人に嫌われることが嫌いな私は、いつも流されて生きている気がします。
でも30前にして、少しは自分の意見ももたないといけませんね。
少しでもコンパでもてたいと思っていた学生時代、出版社に入ってそれなりにやってきたけど、自分の将来を考えて辞めて次のステップを目指している現在。
いつかは結婚もしたいし子供もほしいし、安定した生活を送りたいのでその目標を叶えるために誕生日を機に自分自身変わりたいと思います。
まだまだやるべきことはたくさんあってまずは来週の面接の履歴書から書くところなのですが、、一生懸命頑張るぞ!

旦那の会社の社長とごはん

先週の木曜日に旦那の会社の社長とご飯に行った時のお話です。
ご飯を何を食べるかについて、私達のワガママをたくさん聞いて頂いて、
社長に申し訳なくなって謝ったのですが、社長はしゃーないと笑顔で言ってました。なんて心が広い、これぞ社長というような方でした。
焼肉を食べてたのですが、社長はとにかくお年のわりにはすごくよく食べてました。
私はそこまで食べることが出来なかったのですが、気使わないで食えーとお皿山盛りにお肉を入れてくれました。いや、もう本当にお腹がいっぱい大満足でした。
社長は年は結構離れているのに、話も合うし話してて面白い方で、なんせめちゃくちゃ優しいです。社長の器とは、このことかやはり違うなとかなり思いました。
私が出会ってきた方のなかで断トツ1位の良い方です。
旦那は、不満がたくさんあるみたいなのですが。そんな、ワガママな旦那にビックリです。
私が旦那と一緒にあった方なんか、部下がいようが居なかろうがどうでもいいという方がたくさん居たので
今回の会社の社長の人間性が本当に素敵に思えました。
旦那は仕事が長続きしない性格ですが今回の社長とは、長いお付き合いしていきたいです。
頼むよ、旦那辞めないでね。

単純なゲーム

今の私のマイブームのひとつが、アプリのゲームなのですが、別に、特別にゲームが大好きというわけでもなく、逆に言えば苦手なほうだ。
いわゆるファミコン世代な私なので、一家に一台は当たり前な感じで、自然とスーパーマリオやスパルタンXなどの有名所のゲームを学校から帰るとすぐに兄と一緒に遊んだ記憶がある。
しかし、妹の私は兄に一回でも勝てるわけがなく、死んだら交替というそれぞれの家族が勝手に決めたルールに従って遊んでいたのですが、すぐに死んでしまう私は、当然に兄よりは遥かにゲーム時間が短くなるので、それでよく母親に泣きながらお兄ちゃんばっかりやってる!と訴えていた。
そして、ゲームばかりしている私達を見て途中からゲームは一日2時間まで!という新たなルールが加わってしまった。
そんな制限のあった頃に比べたら、今はやりたいだけゲームが出来る環境なのだが、いざ始めてみると、一人でひとつのゲームをクリアーしたことがない。
すぐに子供の頃のように死んでしまうのである。
いろんな分野のソフトがあるが、どうも私はテトリスだとか、ぷよぷよだとか、そういった単純に遊べるゲームのほうが向いてることがわかった。
いろんなゲーム機が発売されているが、何万も出してまでやるほどには思えないので、段々とゲームからは疎遠になっていった。
しかしここに来て、また私がゲームを毎日のようにやるようになったのは、ゲーム機がなくても簡単に出来るスマホのゲームアプリのおかげだ。
そして、スマホだからこそか、単純なゲームばかりなので私には持って来いだったのかもしれない。

 

大雪のはなし

関東地方に45年ぶりもの大雪が降った。
もともと仙台に住んでいた自分は雪自体は何度も経験しているけど、関東地方の特に都内で問題になるのは雪よりもそれによる交通への弊害であろう。
自分は運が良くそこまで帰宅に苦労しなかったものの、友人なんかは会社からの帰宅命令が出る時間が遅かったせいで駅前でタクシーを8時間半もならんで待ったとか。
会社は宿泊代を出すから近くのホテルにとまるのを許可していたらしいが、大雪でホテルはすべて満室。
ネットカフェも満室で飲食店は軒並み営業終了と、帰るしかない状況だったそうな。

そういえば他の友人はこの雪の時に長野へ行っていたそうだ。
バスで行っていたそうなのだが、ちょうど帰宅する日に関東が大雪で、長野や山梨も同じようにひどい雪だったらしい。
彼はその雪のせいで出発から24時間たっても長野県内から出られず、翌日も雪がひどくて甲府で立ち往生。
6時間たってもバスが1cmも進まないことがあったと言う。
結局彼を乗せたバスは山梨から進路変更して東名高速を使って東京まで帰ってきたのだが、実に二泊五日(うち三日がバス)の大旅行となっていた。
バスに乗っている間は食事は途中のコンビニですませ,睡眠はもちろんバスの中。

バス酔いがひどい自分には想像もしたくないことである。

 

健康が何よりも大事

子供が生まれてから、自分の健康が以前よりも何倍も、大事だと感じるようになりました。
やはり、自分の子供は本当に可愛いですし、子供が大人になって、自立するまでは、健康で長生きしたいと心底思っています。
子供を守ってあげられるのも、子供を育ててあげられるのも、親しかいないわけですから、長生きしなければなりません。
そのように感じるようになってからは、体調が悪いと、最悪の事態のことまで考えてしまったり、病気のニュースを聞くと、自分は大丈夫かと心配になったりまでしてしまいます。
これが、親になってから、一番変わってしまた考え方の一つといえるかもしれません。
今では、子供以上に大切に思えるものはないと、きっぱりといえます。
子供のために、経済的にも繁栄したいと思いますし、子供のために、健康で長生きしたいと思っています。
できることならば、子供の子供、つまり孫の顔も見たいなぁとまで願ってしまいます。
どうか、神様仏様、私の命を、わが子供のために、長生きさせてくださいとまで、祈りたいような気持ちです。
本当に、我が子は可愛くて、愛おしいものですね。
子供は以前より好きでしたが、我が子となると、それとは比べものにならないくらい愛おしいものですね。

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress