プラセンタ初挑戦

今、サプリや化粧品でもよく見かけるのがプラセンタ配合の商品。
成長因子を含んでいて、胎盤にしかない成分だから、なかなか食事で摂るわけにもいかない成分です。
口コミを見ても、お肌がぷるんぷるんになる、潤うなど書いてあったので、ちょっとお高かったけど、プラセンタ化粧品に初挑戦しました。
More »

夏の肌ケア

どんなことに配慮して、夏は肌のケアをすべきでしょう。
紫外線が最も強くなる季節、それが夏です。
夏のスキンケアで重要なことは、紫外線からの肌のガードです。
新たな細胞をつくるために必要なコラーゲンを壊し、皮膚の表面を乾燥させるのが紫外線の怖いところです。
夏は大量に汗をかきますが、汗をかくことで肌の天然成分が奪われ、肌ダメージの原因となります。
冷房がよく効いた部屋は湿度が低下しており、肌の乾燥を助長することがあります。
夏の肌はさまざまなことが原因で傷つきやすくなっており、丁寧は肌ケアが必要なのです。
角質層を積み上げることで、外部からの影響をカットしようとするのが夏の皮膚の特徴ですが、いらない角質分はピーリングケアをしてください。
肌タイプによっては、化粧水を使う1つ手前の段階で導入美容液を使う方法もあります。
スキンケア用品の効果を高めるために、あらかじめ導入美容液を使っておくのはいい方法です。
スキンケアの前段階が済んだら、気前よく化粧水をつけて肌の潤いを取り戻します。
はじめに軽い質感の化粧水で水分の通り道を開いたら、次に保湿力の高い化粧水でケアしましょう。
まずは保水、そして保湿をすることが大事なことですので、皮膚の健康状態を整えることが第一です。
化粧水と乳液の間に美容液を加えるのもおすすめです。
ダメージを受けやすい夏こそ丁寧な肌ケアで美しい肌を手に入れましょう。

加齢からおこる肌トラブルについて

多くの人が肌トラブルでに困っているようですが、加齢はその要因のひとつです。
目元と口元の肌トラブルは、加齢による肌トラブルの中でも頻繁に目にするものです。
たくさん目元には神経が通っているそうです。
ちょっとした刺激やダメージですぐトラブルになりやすい目元の皮膚は、他のところと比較して薄くなっています。
間違ったスキンケアを続けていることによる刺激と紫外線によるダメージが原因で肌トラブルになる可能性が高くなります。
小じわとクマのほか、まぶたが痩せるというのが、加齢による目元の肌トラブルでよくあるものです。
口元のトラブルの中でもほうれい線は加齢によるものです。
よく耳にするこのほうれい線というのは小鼻のワキから口角に向かって伸びている線です。
肌にハリがあるのでまだ若いうちは目立たないものです。
肌にたるみが加齢とともに出てくると全体的に頬が下がってしまうので、ほうれい線が何もしなくても出てきてしまうのは仕方のないことです。
加齢によるお肌全体の肌トラブルといえば、顔のくすみが血行不良によって起こることです。
加齢によって肌の水分量が減少して、保湿機能が低下するとターンオーバーが妨げられ、角質や老廃物が溜まりやすくなり、お肌がくすんで見えるようになります。
本当にいろいろなものが加齢による肌トラブルにはありますが、改善を早めの対策ですることができるものが多いといいます。
スキンケアなどを肌のトラブルが起こる以前に丁寧に行うことで、美しい肌を長い間持続することができるのではないでしょうか。

主婦の一日

私は結婚してまもなく妊娠をした新米主婦です。
家事…とくに掃除が大嫌いでいたるところ汚くしてしまいます。
ほっておくとこんなに汚くなるものなのかと…実家暮らしだった私には主婦の仕事がとてつもないことだと痛感させられました。とい
こんな私でもなんとか毎日を清潔に過ごす方法はないのだろうかと考えつつ、いつもさぼってばかりです。
More »

時間の流れは川を流れる水のようです

時間の流れと言うのは目に見せません。
まるで川を流れる水の様で、同じ水に見えても、決して一瞬たりとも同じ水がその場に留まっている事はないのです。
何たる無情。
私は幾つかSNSに参加していますが、先日mixiにログインしました。
ある事がきっかけで喧嘩してしまった友達がいるんですが、当然喧嘩がきっかけでマイミクは解除され、以来私はその事を引きずってmixiにログインする事さえ嫌になってしまっていたのですが、昨晩は家でお酒を飲んでいて、ふっと気が向いたので何気なくログインしたのです。
そしてこっそり、喧嘩した子のページを閲覧しにいきました。
すると、友達がいっぱい居て、しかも何だか皆から慕われており、しかも凄く正義感たっぷりな発言を連発しており、私と喧嘩した事の悲しみや悲壮感等というものはみじんも感じられませんでした。
ああ、その子にとって私はそれだけの関係だったんだなと、その時になって気付かされました。
私はてっきり、その子も私と同じように気に病んで落ち込んでいるに違いないとばかり思っていましたが、現実は小説のようにはいきません。
その子はちっとも落ち込んだりしていなかったし、むしろ社交的になって色んな人と楽しく過ごしていました。
私一人、バカみたいじゃないって少し思いました。
私も素敵な人間関係をmxiじゃない所で築いていきたいと思います。

自分の中の自分

最近、辛いと言うか、ちょっと人生が変わるようなことが起きて、それに対処できるかどうなのか、将来がどうなるのか全くわからなくなり、不安になっていました。
誰かが解決してくれることじゃなく、自分がどうするかを決めなければいけないけど、自分がどうするのが一番正しいのか、一番最短で、一番楽な方法はどれなのか、と考え出してわからなくなってしまいました。
頭の中では、先行きの暗い、嫌なことばかりが駆け巡り、それに押しつぶされそうになっていた時、でも、本当に小さな「自分」の声が、「大丈夫だよ」と言っていることに気が付いたのです。
何を根拠に大丈夫だと言ってるんだとずっとそれを無視していたのだけど、ふと、私だけは私を信じて、応援してあげてもいいのではないか?と思いました。
他人は無責任なことを言います。
完全に無責任なんです。けど、無責任に「大丈夫。なんとかなるよ」とは言ってくれません。
やっぱりマイナスなことを話しておくものなんですよね。
プラスの意見よりマイナスな意見の方が信じやすい。
でも、やっぱりどんな人でも心の中の小さな自分は「大丈夫」って言ってくれていると思うのです。
それを信じること、それが「自分を信じる」と言う事なんじゃないかなと思います。
世界中の誰も理解してくれなくても、誰も味方になってくれなくても、一番身近な「自分」は「自分」の味方でいなければならない。
そう強く感じています。

値下がり

ニュース項目をざっと見るならネットのほうが早いかなと時々、見出しを読んでおくだけでも結論だけは理解できるので。
朝晩の通勤時間、ゆとりという程ではないけれどほんの僅かな待ち時間持て余すこともありますから。
More »

誕生日前の決意

誕生日ってワクワクしますよね。
しかし、今年の誕生日はあまりドキドキではありませんでした。
なぜならいま私は定職についていないからです。
そんな中の28歳という、三十路を前にした岐路に立っているからなのでしょうか、全くと言っていいほどテンションが上がりません。
本当に気持ちばかり焦ってしまっているように思います。
でも当日には、彼女から早速のおめでとうメールや、朝から沢山の人におめでとうメールをいただけたので、それが本当にうれしかったです。
自分が生まれてきたこと、こうやってたくさんの人に祝福されると、また頑張ろうって気持ちを新たにさせてくれる瞬間でもあります。
基本的に人に嫌われることが嫌いな私は、いつも流されて生きている気がします。
でも30前にして、少しは自分の意見ももたないといけませんね。
少しでもコンパでもてたいと思っていた学生時代、出版社に入ってそれなりにやってきたけど、自分の将来を考えて辞めて次のステップを目指している現在。
いつかは結婚もしたいし子供もほしいし、安定した生活を送りたいのでその目標を叶えるために誕生日を機に自分自身変わりたいと思います。
まだまだやるべきことはたくさんあってまずは来週の面接の履歴書から書くところなのですが、、一生懸命頑張るぞ!

旦那の会社の社長とごはん

先週の木曜日に旦那の会社の社長とご飯に行った時のお話です。
ご飯を何を食べるかについて、私達のワガママをたくさん聞いて頂いて、
社長に申し訳なくなって謝ったのですが、社長はしゃーないと笑顔で言ってました。なんて心が広い、これぞ社長というような方でした。
焼肉を食べてたのですが、社長はとにかくお年のわりにはすごくよく食べてました。
私はそこまで食べることが出来なかったのですが、気使わないで食えーとお皿山盛りにお肉を入れてくれました。いや、もう本当にお腹がいっぱい大満足でした。
社長は年は結構離れているのに、話も合うし話してて面白い方で、なんせめちゃくちゃ優しいです。社長の器とは、このことかやはり違うなとかなり思いました。
私が出会ってきた方のなかで断トツ1位の良い方です。
旦那は、不満がたくさんあるみたいなのですが。そんな、ワガママな旦那にビックリです。
私が旦那と一緒にあった方なんか、部下がいようが居なかろうがどうでもいいという方がたくさん居たので
今回の会社の社長の人間性が本当に素敵に思えました。
旦那は仕事が長続きしない性格ですが今回の社長とは、長いお付き合いしていきたいです。
頼むよ、旦那辞めないでね。

単純なゲーム

今の私のマイブームのひとつが、アプリのゲームなのですが、別に、特別にゲームが大好きというわけでもなく、逆に言えば苦手なほうだ。
いわゆるファミコン世代な私なので、一家に一台は当たり前な感じで、自然とスーパーマリオやスパルタンXなどの有名所のゲームを学校から帰るとすぐに兄と一緒に遊んだ記憶がある。
しかし、妹の私は兄に一回でも勝てるわけがなく、死んだら交替というそれぞれの家族が勝手に決めたルールに従って遊んでいたのですが、すぐに死んでしまう私は、当然に兄よりは遥かにゲーム時間が短くなるので、それでよく母親に泣きながらお兄ちゃんばっかりやってる!と訴えていた。
そして、ゲームばかりしている私達を見て途中からゲームは一日2時間まで!という新たなルールが加わってしまった。
そんな制限のあった頃に比べたら、今はやりたいだけゲームが出来る環境なのだが、いざ始めてみると、一人でひとつのゲームをクリアーしたことがない。
すぐに子供の頃のように死んでしまうのである。
いろんな分野のソフトがあるが、どうも私はテトリスだとか、ぷよぷよだとか、そういった単純に遊べるゲームのほうが向いてることがわかった。
いろんなゲーム機が発売されているが、何万も出してまでやるほどには思えないので、段々とゲームからは疎遠になっていった。
しかしここに来て、また私がゲームを毎日のようにやるようになったのは、ゲーム機がなくても簡単に出来るスマホのゲームアプリのおかげだ。
そして、スマホだからこそか、単純なゲームばかりなので私には持って来いだったのかもしれない。

 

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress