ひさびさの昇級手合い 5kに昇級なるか否か

たぶん、これに勝てばグラフ的に5kに慣れると思われる対局です。
相手が5kなので黒持ちコミなし。
手堅く勝ちたいと思ったので、普段使っている3連星ではなく、星と小目から小目をケイマシマリで地優先で打ちました。
More »

古本屋で買った本の間からいろいろ出てきました。

本が好きなので、よく図書館や本屋に出かけます。
古本屋にも行きますが、こちらはただ本を買いに行くのとは少し目的が異なります。
学生時代には毎週のように古本屋に出かけていましたが、私は古本に挟んである古い栞のようなものを収集するのが楽しみです。
時々、昭和一桁の記録が残された紙切れなどが挟んであると、とても嬉しくなります。
販売する古書店はどうしてそれを確認しなかったのかなと思うのですが、意外と見つかります。
ただし、大手チェーン店のような古書店ではダメです。
古くて、高齢者のような方がレジにいる書店では、こうした類の本が見つかる傾向があります。
今回購入した本もそうした書店で購入しました。
それは昭和32年に発刊された岩波文庫でしたが、珍しく中からは3枚も栞のようなものが出てきました。
一枚は栞そのものでした。それも古いもので、戦前を思わせるようなデザインでした。
もう一枚は映画の半券でした。
インターネットで検索すると、その映画は昭和54年に公開されていました。
最後の一枚は、5cm角ぐらいの紙片を二つに折ってありました。
中には、手紙のような日記のような文章が書かれていました。
日付は、平成8年でした。
こんなに異なる時代の読者の痕跡が確認されたのは初めてでした。

カレーが焦げ付いて涙!もう持ち場を離れない!

今日はお昼に大失敗をしてしまいました。
昨日の夜から大好きなカレーを作っていたのですが、いざ食べようと温めたときに温めすぎたのです。
気づいた時には不穏なにおいがして、確かめたら案の定底が焦げ付いていました。
More »

ウサギは性格が悪いのか?

先日不思議な夢を見ました。ウサギに追いかけられる夢です。しかもタキシードを着た変なウサギでした。姿がはっきり見えたわけではないのですが、ウサギだという事はわかりました。私の周りをピョンピョン飛び回り「やーい、やーい」と言って挑発するのです。私は頭にきて追いかけましたが、いくら走っても追いつけません。それもそのはず、相手はウサギなのですから。ヘロヘロになりながら追いかけ続け、「もうだめだ」と思った所で目が覚めました。

目が覚めた後も、そのふざけたウサギのせいで気分が晴れずにいました。「性格のネジ曲がったウサギめ!」大体ウサギと言う動物は、癒し系のはずです。世の中にウサギのキャラクターはたくさんいますが、大抵は活発で可愛らしいものが多いと思います。しかし、私の夢に現れたウサギときたら、それらとは全くの別物でした。

「本物のウサギの性格はどうなのかな?」そう思って調べてみると、意外にもおとなしく臆病で、嬉しい悲しいなどの感情表現が下手だというのです。内向的な性格のようです。まぁ全部のウサギが内向的だとは思いませんが、アニメなどで元気に走り回る活発な印象は、かなり誇張され刷り込まれたイメージという事です。

またあの変なウサギが夢に出てき時は、ウサギの本当の性分を教えてやりましょう。

無事これ名馬

今年2冠を達成していたドゥラメンテが放牧中に骨折したと言うニュースが流れましたが、数えるほどしかいない3冠馬になるのがどれだけ難しいかがわかるような話になってしまいました。
このままいけば秋は菊花賞で3冠を狙うか、天皇賞(秋)へいくか、はたまた凱旋門賞で日本馬として初制覇を狙うかで、かなり楽しみな状況になっていただけに、この故障は残念でなりません。

まあ、宝塚記念直前にこのニュースが流れてきてしまったので、どこへいくかをあーだこーだ言う時間もそんなに無かったのは残念です。
2冠馬が故障でいなくなることなどそう珍しい話でもないので、いつもならどうといったことは無いのですが、今回は3歳で凱旋門賞に行ってくれるんじゃないかという思いが、いつもよりちょっとだけ強かったために、ショックが大きいですね。

http://www.raunchylinx.com/

無事これ名馬とはよく言ったもので、故障しなければいいのですが、やはりサラブレッドには中々難しいようです。
これもまた運命と諦めるしかないのですが…やっぱり諦め切れませんね。
日本ダービーの勝ち方からかなりやれそうな雰囲気があっただけに残念ですが、他の馬にチャンスが回るわけですから、そちらのほうに期待していくしかないですね。

2278

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress